※終了※【2020年8月25日(火)19:30~月1×6回開催!】海外モデル起用★写真家&学芸員テラウチマサトが徹底解説!「プレミアムポートレイト 365days」~カラヴァッジオから学ぶバロックライティング、メンズポートレイト編~

【連続受講限定】写真家&学芸員 テラウチマサトが講師!
ポートレイトの作品制作に特化した講座です!

写真家テラウチマサトによるポートレイト専門講座のテーマは、誰かのスタイルを模倣しているだけのポートレイトや自己満足のポートレイトの先へ向かう「その先にあるポートレイト」。
講義と撮影の回を繰り返し、ライティングや撮影スタイルを受講生でディスカッションし、撮影に臨みます。
講義の中ではモデル撮影以外でもお互いに撮り合い、「魅力を引き出す」ポートレイトは何かを実践で学んでいきます。

今回のテーマは「カラヴァッジオから学ぶ バロックライティング」。


『病めるバッカス』(Young Sick Bacchus)

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ(伊: Michelangelo Merisi da Caravaggio)は、
1593年から1610年にかけてローマ、ナポリ、マルタ、シチリアで活動したイタリア人画家。

あたかも映像のように人間の姿を写実的に描く手法と、
光と陰の明暗を明確に分ける表現は、
その後の芸術界にも多大な影響を与えました。
今回は、彼の技法を写真に落とし込むことに挑戦します。

さらに本講座を受ければ、スタジオ撮影における「光の見方」が身につきます。
ただ明暗をはっきり分けるだけではなく、バロックライティングを活かしながら絶妙な光と影のバランスを探る。
その工程を実際に体験することで、かっこ良さの中でモデルが美しく引き立つライティング技術が習得できるでしょう。

 

講座のポイント!

① 今回はグリッド(※)を用いて、影のグラデーションも学んでいきます。

バロックライティングを再現するにはグリッドをどのように活かすのでしょうか?
影のグラデーションを美しく出すための技術をテラウチが実践を交えて細かく解説いたします。
※グリッド・・ライティング機材のひとつ。ライトに取り付けることで光の及ぶ範囲を狭くし、集光する効果がある。

② 2回のモデル撮影会で起用するのは、海外の男性モデル。
本講座では新たな試みとして海外のメンズモデルを呼び、本格的なメンズポートレイトを撮影します!
日本人の女性ポートレイトとは背の高さも骨格も違う撮影でのテクニックとは?
「メンズポートレイト」「外国人モデル」普段は滅多に経験できない撮影を通してプロの技を学びませんか?

いままでの「プレミアムポートレイト 365days」を超える、さらなる探求をしていきます。

ハイレベルな海外メンズモデルを起用!

【 10月13日(火)】

LAURIN(ローレン)さん
GROWSHIP GLOBAL MODEL所属

【 12月8日(火)】

BOBBY(ボビー)さん
GROWSHIP GLOBAL MODEL所属
※写真掲載NGの超レアモデルです。

この講座は、こんな人にオススメ!

  1. 作品制作に特化した写真の撮り方を学びたい方
  2. 写真家テラウチからポートレイトの技術を直接受けたい方
  3. 今まで撮っていた写真とは、全く異なる雰囲気へ作風を変えたい方
  4. 作品制作や写真を撮る目的に悩んでいる方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(過去「スタイリッシュ編」参加者の作例)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受講生の声

撮影実習時は「美しく・印象的な作品」を意識して受講生同士協力のもと試行錯誤・創意工夫しながら撮影し、講義時はその結果を先生と受講生とともに見て考える。その考えたことを次の撮影実習時に活かしアウトプットしていく――考えながら実践していくプロセスがとても大事であると感じています。

講義は日本のポートレイトの写真シーンにとどまらず、アメリカやヨーロッパの写真シーン等グローバルな視点から現在のトレンドや今後の方向性などが盛り込まれています。そこから派生して撮影手法やライティング手法を模索することもあり、第一線で活躍され、様々な経験をされてきたテラウチ先生だからこそ語ることができる話は、受講生にとって貴重な情報であると感じています。
講義や撮影実習を通じ、意識が行き届いているようで行き届いていないこと、見えているようで見えていないこと等、各受講生が抱えている課題を明らかにして頂いています。

ポートレイト作品は、様々な方が様々な考えのもとで撮影し、世の中には溢れるほど作品がありますが、テラウチ先生の作品に対する指導は、一瞬「!?」と考えさせることではあるものの、その後、味わい深く、いつまでも見ていたいと感じさせる作品を目指していることが、特色の一つであると感じています。
美しいけれど、一瞥して通り過ぎ去られてしまう作品ではなく、思わず足を止めて見入ってしまうような強い作品――。心に残る、印象的な写真作品を撮れるようになるために、引き続き努力を積み重ねていきたいと思います。
(Y.Iさん 男性)

—-<新型コロナウイルス予防について>————–

弊社では、現在までの新型コロナウイルス感染症に関する内閣官房の新型コロナウィルス感染症対応についての方針を受け、下記の対応をすることをご連絡致します。

・1階・4階のクラスルームにアルコール消毒液を設置。
・各教室内の空気を入れ替えるため、適宜、換気を実施。
・各所に「咳エチケット」「手洗い」などの感染症対策御協力願いのポスターを掲示
・弊社スタッフの意識付け及び感染症対策の徹底。

またイベントにご参加いただく皆様におかれましても、必ずマスク着用をお願いします。
咳エチケット、こまめな手洗い・消毒等の感染防止を心がけていただきますようにお願い申し上げます。
なお、体調にご不安のある方はくれぐれもご無理なさらないようお願い致します。

※御客様対応を行うスタッフは、マスクを着用しております。ご了承ください。
——————————

 

講師紹介

テラウチマサト先生

1954年、富山市生まれ。日本実業出版社を経て1991年に独立。
ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現方法で注目を集める写真家。
自身が撮影する写真がパリのユネスコ本部に展示されたり、富士山頂・浅間大社で写真展を実施するなど実績も豊富。さらに若者向けの写真雑誌「PHaT PHOTO」の創刊(現在はwebマガジン)や、感性を鍛えることに重点を置いた「PHat PHOTO写真教室」、地域×写真をテーマとしたフリーマガジン「Have a nice PHOTO!」などを創刊。

 

講座概要

■開催日時:
第1回 | 2020年8月25日(火)<講義>
第2回 | 9月8日(火)<撮影練習>
第3回 |10月13日(火)<モデル撮影>
第4回 | 11月18日(水)<講評・講義>
第5回 | 12月8日(火) <モデル撮影>
第6回 | 2021年1月12日(火) <講評・最終講義>
※時間はいずれも19:30~21:00

■開催場所:PHaTPHOTO 写真教室 1階クラスルーム2

■定員:8名~10名程度

■持ち物:カメラ・レンズ
→ 講評の会でも使用する可能性がございますので、授業の際には必ずお持ちただくようお願いします。

■受講費:
PHaT PHOTO写真教室生徒・過去プレミアムポートレイト365DAYS受講生:78,500円(税込)
一般・PHaT PHOTO写真教室生徒 卒業生: 81,400円(税込)

★写真教室発行の割引チケット対象イベント★
使用方法は本サイト下部をご確認ください。

お申込み方法

① 下記Peatixからチケットを入手。
② イベント開催の1週間~1日前に「直前案内メール」として当日の詳細をお送りします。そちらのメールにて最終のご確認をお願いいたします。

写真教室発行の割引チケットご利用方法

割引コードにご利用の金額を差し引いた金額をご入金ください。
割引チケットをご利用の方は撮影会当日必ず名前をご記入の上、お忘れのないようご持参ください。
※チケットご利用の方はお釣りはございません、予めご了承下さい。
※お忘れの場合は後日事務局宛に郵送または参加費の振込をしていただきます。

注意事項

※当日の様子を写真・動画にて記録させていただきます。その後、SNSやHPで告知素材として使用予定ですので、掲載NGの方はお申込み時の要望欄にご記載いただき、当日スタッフへお申し出いただくよう、よろしくお願いします。
※お支払いに関して
・お支払いはクレジットカード、ペイパル、コンビニ・ATM決済でしていただけます。当日現金払いはお受けできません。
・コンビニ・ATM決済の場合は3日以内にお支払いください。期日までのお手続きがない方は自動キャンセルとなりますのでご注意ください。
※講座スタート後のキャンセルや、連続講座にて、受講者様の都合でご参加いただけなかった回がある場合にご返金は致しかねますので予めご了承ください。
※雨天決行を予定しておりますが、暴風雨などの影響がある場合催行中止になることもございます。その際は、メールにて案内をします。

キャンセル規定

以下のキャンセルチャージが発生します。
・開催の5日前~当日:参加費の100%
・開催の6日前~10日前:参加費の50%
※また、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生します。
(1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合
※自動キャンセルになりませんので、ご希望の際には事務局までお電話もしくはメールにてご連絡ください。

「PHaT PHOTO」写真教室とは?

「写真を楽しみたい、写真と関わっていきたい」と考えるファンを増やし、その人たちの夢に命を吹き込む会社であること。を企業理念とする株式会社シー・エム・エスが運営する写真教室。
都内でオススメしたい写真教室NO1にも推薦され、輩出生徒には有名写真家も多数。「感性を磨く」ことを大切にしており、初心者・スマホの方でもご受講いただける、 すべての写真好きの方へ開かれた独自のカリキュラムが特徴です。

お問い合わせ等

「PHaT PHOTO」写真教室事務局
e-mail: ppschool@cmsinc.jp TEL:03-5524-6991
(10:00~18:00土日祝日休)

【キャンセル待ち】
チケット販売が終了している場合は下記キャンセル待ちフォームよりキャンセル待ちお申込みをお願いします
https://business.form-mailer.jp/fms/b5c671da15288

【プライバシーポリシー】
下記企業サイトよりご確認をお願い致します。
http://www.cmsinc.jp/privacy.html