感性を磨く、写真教室

2001年に創設以来、生徒の皆さんにお伝えしてきたのは、心を捉えて離さない写真の撮り方を学ぶこと。
講義の中でお伝えする知識や技術は「写真で気持ちを伝える」「ひとの心を揺さぶる」ために必要な要素であり、これらが揃ってはじめて写真が上達していきます。
PHaT PHOTO写真教室では90分間の講義を通して、そのふたつをお伝えしていくだけでなく、ステップアップ型のカリキュラムで個人個人に合った表現力を伸ばしていきます。

校長 テラウチマサトからのメッセージ

写真家 テラウチマサト プロフィール
1954年、富山市生まれ。日本実業出版社を経て1991年に独立。ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家。中でも、ポートレイト作品においてはこれまで6000人以上の俳優、モデル、タレント、経営者などの著名人を撮影。テラウチにしか撮らせないという声も多い。
モノやコトの“隠れた本質”を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。
写真家としてのクリエイティビティを活かした幅広い創作活動を得意とする。

2014年10月より、富山市政策参与に就任。 2015年1月には長崎県東彼杵町芸術大使に就任。2019年にはボツワナ名誉観光領事に就任。国内にとどまらず、海外にも活動の幅を拡げている。

 
2000年に20代向けフォトカルチャー誌「PHaT PHOTO」を創刊。
編集長&発行人として、若者マーケットが不在といわれた写真業界に新ジャンルを確立。
雑誌の成長と共にプロデューサーとしての手腕を発揮。
挑戦者を拒まない参加型写真イベント「御苗場」の総合プロデューサーを務め、2011年にはニューヨークフォトフェスティバル内でも開催した。参加者はその後ニューヨークのギャラリーでの写真展が決定するなど、写真ファンの夢につながる「出合い」の場を提供し続け、多くの才能を発掘している。
さらには、雑誌編集部だけでなく写真教室や写真イベント、撮影部を束ねる経営者としても組織の拡大、多角化を成功させ、これまでの写真家とは一線を画したキャリアや実績に、写真家はもちろん経済界からも絶賛の声が殺到。
 
カルティエの撮影や米国マサチューセッツ工科大学で講演、2012年、富士山作品に関連してパリのユネスコ本部から唯一招聘され写真展示を開催。2015年、コロンビア「FOTOGRAFICA BOGOTA 2015」に招聘され講演するなど、海外からも高い評価を得ている。2016年8月には、富士山頂浅間大社奥宮にて画家Yutaka Murakamiと共に個展を開催した。

▶講師陣の紹介はコチラ

PHaT PHOTO写真教室独自の3ステップカリキュラム

ビギナークラス(1年目・全12回)

カメラの使い方や写真の基礎、感性を磨くためのポイントを、1年かけてじっくり学んでいきます。講義に加えて写真講評もあり、より様々な視点を養うことができるのも特長です。写真を「撮る」ことだけでなく、「観る」ことの重要性も学びます。

ミディアムクラス(2年目・全12回

ビギナークラスで学んだ基礎的な要素の更に深い知識や応用の仕方、さまざまなアートからの発想の得方を学びます。一人ひとりの感性を活かして、オリジナリティー溢れ、奥行きのある写真が撮れるようになる力を身につけていきます。

ハイパークラス(3年目・全12回)

三年目となるハイパークラスでは、コンセプトの考え方などを学びながら、最終的に10枚の組写真を作っていきます。これまで身につけてきた”tipped”(感性を磨くためのポイント)をさらに追及するため、写真に対する考え方が深まっていきます。

プレミアムクラス(4年目以降・12回~/6回~)

さまざまな写真へのアプローチをふまえながら、自分自身の写真のテーマを深く追求していきます。ハイパークラスまでの授業で磨いてきた、「受け取る感性」「伝える感性」をさらに研ぎ澄ましていきます。

誰かの真似に終わらず、自分らしい表現を見つける

写真と一言で言っても、撮りたいものは人それぞれ。

技術は自分の撮りたいものと合わせて学んでいかなくては意味がありません。PHaT PHOTO写真教室では、自分が表現したいものは何かを見つけながら、一歩ずつ上達していくことができます。
授業の最後には毎回宿題が出されます。その宿題テーマに沿って写真を撮ってきていただき、その写真に対して先生からコメントやアドバイスをもらいます。コーチング理論に基づいた講評で、それぞれの個性を伸ばしていきます。

ビギナークラス(1年目クラス)について

PHaT PHOTO写真教室では、カメラ歴にかかわらず、誰でもビギナークラスからスタートしていきます。

カメラのさまざまな設定の仕方ももちろんレクチャーしますが、そこに留まらず「なぜそのような設定をするのか」「それによって見るひとにどんな印象を与えるのか」というような、写真の効果により踏み込んだ内容を学ぶことで、自分の撮りたい写真に応用できる講座となっています。

【ビギナークラスお申込み概要】

お申込みの時期 年4回、1月・4月・7月・10月のタイミングで新規クラス開講
定員 1クラス20名程度
※開講について、最少催行人数に満たない場合クラスの開講中止、または延期となります。予めご了承ください。開催中止や、延期となる場合は原則初回授業の7日前にご連絡いたします。
必要なもの

特になし
※カメラがあるとより理解しやすいですが、スマートフォンでもご受講いただけます。

受講料

92,260円(全12回/税込)
※テキスト料・入会金込

申込締切 初回授業の一週間前までにお申し込みください。日程に関してはこちら
お支払い方法 一括払い:クレジットカード・銀行振込対応
月額払い:クレジットカードのみ対応

 

▶よくあるお問合せはこちら◀