【7/19】ポートレイトとファッションフォトの境界線について(みんポー2019)

人物を撮影すればポートレイト?

ファッション写真は人物が写っているけれど、それもポートレイト?

ポートレイト写真とファッション写真って、違いは何だろうと考えたことはありませんか?
この講座では、その違いや境界線について学びます。

講座を開催するにあたり、おそらくこのテーマをお聞きするには最もふさわしい講師のひとりのshuntaro氏にお声がけしました。

氏はイギリスの大学の修士論文で発表したSlashという作品で、ポートレイトをベースに個々人の理想と現実のギャップを描き出そうといった試みの中でアイデンティティとは何かに迫る作品を制作しました。そして、その論文の中で過去のポートレイト作品の系譜を参照しながら、自身の作品について述べられています。そして、日本に帰国後、1970年代以前を中心とした日本のファッション写真について、欧米のファッション写真との比較による構造や歴史研究について博士論文でまとめてられております。

そのshuntaro氏をお招きしてポートレイトやファッションの写真史をなぞりながら、その二つの境界についての考察をレクチャーしていただきます。

【詳細】
日時:2019年7月19日(金)19:30-21:00
会場:PHaT PHOTO写真教室
(〒104-0031 東京都中央区 京橋 3-6-6 エクスアートビル 4F)
定員:15名
料金:4,000円(一般)
3,000円(みんポーエントリー者)

【講師】
shuntaro