コース紹介

PHaT PHOTO写真教室 レギュラーコース|1年間、きちんと通って身につけたい!

ビギナークラス(1年目)
◆授業形式:月に1回90分授業・12回連続講座
◆授業内容:講義(座学)と講評(撮影した写真をもとに撮影テクニックのレクチャー) 
◆受講料:1回あたり約5500円
◆開催地域:東京・横浜・大阪・名古屋・宮崎
◆新規クラスのスタート月:1・4・7・10月
◆コンセプト:現在は誰もがデジタルカメラを持ち、写真が撮れる時代。「うまい写真」というだけでなく、誰かに心の底から「いい写真だなぁ!」と思ってもらえる。通って頂いている生徒さん達には、そんな風に見る人の感性に訴えるような写真を撮り続けて欲しいと考えています。写真歴に関わらず、まずはビギナークラス(1年目)を受講いただき、その後、ミディアム(2年目)、ハイパー(3年目)、プレミアム(4年目~)とステップアップしていくコースです。
じっくり1年間かけて自分の写真力のレベルアップをはかりたい方はこちらのコースがオススメ!
 
開催日程を見る

  講義内容 ポイント
 第1回  写真がうまくなるにはどうすればいいのだろう  「見る」から「観る」へ─ 写真上達はこの1 点から─
 第2回  マイカメラを知ろう  まずはカメラの種類と特徴を知ろう!
 第3回  そうだったのか!レンズの役割  レンズ効果で人の心をキャッチする!望遠は圧縮、広角は遠近感の拡大
 第4回  絞りとシャッタースピードの深い知識  写真の仕上がり=F(絞り)×SS(シャッタースピード)
 第5回  露出について知ろう  明るさの変化は見る人の気持ちの変化を生む
 第6回  構図の研究  目に心地いい視覚効果について考える
 第7回  光と色の効果(ホワイトバランス)  デジタルカメラだからこその人の心のとらえ方
 第8回  カラースターとフィルターマジック  忠実再現とイメージ再現の2パターン
 第9回  接写撮影3 つのスタイル  近づくことで、人の目では見えない写真をつくる
 第10回  ストロボと補助光の使い方  ストロボを使いこなすには、シャッタースピードと光の照射時間を知ること
 第11回  デジタルの知識・フィルムの知識  電気反応で撮る、化学反応で撮る
 第12回  心をとらえるランドセル効果  想い出やイメージを呼び起こす魔法のような仕掛け

*大阪・名古屋・宮崎校は12回のカリキュラムを前期6回、後期6回に分けて募集します。

Have a nice PHOTO!写真教室

Have a nice PHOTO!コース
◆授業形式:月に1回90分授業・6回連続講座
◆授業内容:基礎テクニックを中心に写真の撮り方をレクチャー
◆受講料:1回あたり3000円
◆開催地域:東京校
◆新規クラスのスタート月:4・10月
◆コンセプト:旅先や日常のたのしい思い出を、友人にいいね!と言ってもらえるような素敵な写真で切りとりたい。でも、一眼レフカメラの使い方が分からない。これからカメラを始めたい。そんな方におすすめの教室です。
てっとり早くカメラを使えるようになりたい初心者様はこちらのコースがオススメ!
 
開催日程を見る

  講義内容 ポイント
 第1回  写真の伝え方とカメラのあれこれ  基本的なカメラやレンズの種類/光の向き
 第2回  写真の明るさを自由自在に操るには  露出補正の方法と表現/夜景の撮り方
 第3回 青い空を撮りたい、赤い空を撮りたい  ホワイトバランスで色味を変える
 第4回  ふわっとぼけ感をいかした写真の撮り方  絞りとシャッタースピードについて
 第5回  写真を撮るときの「ちょうどいい」位置とは?  さまざまな構図についてと実践
 第6回 写真の観方・復習とこれからの撮り方  写真講評と復習/写真の観方について

撮影会・ワークショップ

Work Shop (ワークショップ)
◆連続&単発講座を随時開催
◆カメラメーカーとのコラボ企画開催
◆受講料:1000円~
さまざまなテーマの講義を受けたい方はこちら!

開催日程はこちら